大塚せつ子先生
大塚せつ子先生

• 白神こだま酵母技術アドバイザー
• 米粉製品新技術アドバイザー
• 秋田県食品専門アドバイザー
• 日本米粉クッキング協会 代表理事

家庭で焼いていたパンが口コミで広がり、1995年に国産小麦と天然酵母パンの店『サラ・ブレッドハウス』を開業。
1999年に白神こだま酵母と出会い、 以来白神こだま酵母のパン作りの第一人者として、白神こだま酵母の製パン技術を全国に広める。
添加物など一切使わずに、自然の恵みだけで焼く「引き算のパン作り」を確立する。その技術が認められ、 「白神こだま酵母技術アドバイザー」を秋田県より委嘱され、各マスコミの取材により、白神こだま酵母の魅力に惹かれる多くの要望を受け、 2002年渋谷区幡ヶ谷に於いて白神こだま酵母パン教室「サラパン教室本校」を開講。
2008年はノングルテンの米粉パンなど不可能を可能とした技術を開発し、新たな米の食文化を伝える「米粉専科」を開講し、全国に米粉の魅力を広く伝える。 又、自給率を上げ日本の田んぼを守るために、「新たな米の食文化」を推進することが不可欠とし、2013年4月日本米粉クッキング協会を設立。同年4月よりサラ米粉クッキング広尾スタジオを主宰し、 その類まれな技術を広く伝える。NHK・TBS・読売新聞・朝日新聞などを始め広く取材を受ける。

「株式会社サラ秋田白神HPより抜粋]
http://www.sala1.jp/shirakami/shirakami3.html